外壁は内装と違って常に雨風にさらされている為、劣化しやすく耐用年数に応じて塗装しなおす必要があります。

このタイミングを間違えてしまうと壁だけでなく家そのものにダメージが残るようになるため大きな工事で修繕する事にもなりかねません。

しかし安い金額というわけではありませんので、早すぎるタイミングというのもったいない気持ちがあるかと思います。

今回は外壁塗装を塗り替える最高のタイミング時期をご説明します。

大垣で外壁塗装をお考えの方は参考にご覧ください。

外壁塗装の初めの目安は築10年くらい

日本では外壁塗装の平均寿命は10年くらいと言われています。

つまり家を建ててから最初の10年くらいを目安に外壁塗装を塗りなおした方が良いと言うわけです。

外壁の劣化状況によってはこの目安は前後しますが、あくまで目安なので覚えておきましょう。

外壁や住宅の耐久年数が低い理由

外壁塗装だけでなく住宅の耐久年数も日本は低いんです。

では建築技術が海外と比べて低いのでしょうか?

理由は単純で日本は四季折々の季節があり、その気候が原因で耐久年数が他の国と比べて低くなっています。

地域にもよって差がありますが、岐阜の場合は夏は暑く冬はかなり寒いですからね。

夏だと多治見が有名だと思います。

40度を超える事も何度かありましたよね笑

夏は暑いのに冬は雪が積もるほど寒くなるというのが東海の気候です。

他国は年中暑かったり、寒かったりと四季がない国もありますよね。

その差で耐久年数が変わっています。

外壁塗装のタイミングを見極める劣化状況

さて耐久年数によって10年ほどで外壁塗装が必要だと言う事はご理解いただけたかと思いますが、実際は劣化状況によって異なります。

外壁の状態によっては「まだまだ大丈夫!」ってことも考えられますので劣化状況を見極める方法をご紹介します。

外壁の色が違う:危険度-低

色あせは塗膜が劣化してきている証拠です。

塗ったばかりの状態と比べて色あせてきていると塗り替えを考えだした方が良いかもしれません。

そこまで危険な状態でもありませんが「もうそろそろ」という事を念頭に置いておきましょう。

外壁の寿命はまだ持ちますが、見た目が嫌だという方はこのタイミングで外壁塗装を考えてください。

チョーキング:危険度-中

外壁を触ってみてください。

白い粉っぽいのが手についたら「チョーキング」です。

チョーキングは紫外線や雨風などによって塗装が劣化して表面化しておこる現象です。

このまま放っておいてもすぐに支障があるわけではありませんが、その後の劣化に繋がりますので警戒が必要です。

手遅れになる前になんとかしたいという方は余裕を持ってこのタイミングでご相談ください。

ひび割れ:危険度-高

外壁にひび割れが見られたら、危険信号です。

ひび割れが発生していたらそこから雨や湿気が侵入してしまいます。

外壁塗装は見た目を美しくする役割もありますが、住宅を守る役割もあります。

塗装だけでなく住宅の大幅なリフォームが必要になるほど劣化してしまう原因になりますのでお早めにご相談ください。

シーリング材ひび割れ:危険度-高

壁の継ぎ目やサッシ周りのゴム部分です。

亀裂があったり剥がれたりしていても危険信号。

こちらも放っておいたら住宅の構造そのものが劣化していきますのでお早めにご相談ください。

外壁塗装のおすすめ季節は?

さて。

どのような状態になったら外壁塗装をした方が良いのか?

なんとなく目安が判断できたかと思います。

次はおすすめの季節をご説明いたします。

春の外壁塗装

基本的に湿度が低く乾燥しているため塗装が乾きやすいため工事のしやすい時期です。

気分的に4月5月は何かを変えるいい時期でもありますので最適な季節と言えるでしょう。

6月の梅雨に入ってしまうと雨で工期が長くなる事もあります。

夏の外壁塗装

気温が高いので塗料の渇きが良く作業を早く進める事ができます。

デメリットとしては作業する人が「暑い」というだけです笑

お客様には関係ない事なのでこの時期もベストと言えるタイミングですね!

秋の外壁塗装

気候も安定して空気が乾燥してきます。

暑くもなく寒くもないため作業がしやすくなってきます。

台風のタイミングと重なると工期が伸びる恐れがあります。

冬の外壁塗装

空気が乾燥しているため塗料は定着しやすくなります。

他の季節に比べると日が出ている時間も少なく、雪や霜などの影響によっては工期が伸びてしまう事も。

リフォームと合わせて外壁塗装すれば費用が安くなる!

リフォームと外壁塗装を別々にするより、一緒のタイミングでやった方が安くる傾向にあります。

というのも、外壁塗装をするためには家の周りを養生したり足場を設置する必要があります。

その足場を利用すれば屋根の塗装もできますし、二階部分のリフォームなどにも活用できます。

またまとめてご依頼される方が当社としても予算の都合をつけやすくなります。

大垣市で外壁塗装、リフォームをお考えの方は桑原建築へご相談ください。

ご連絡お待ちしております。